Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704
Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704

Taiga Takahashi Denim Trousers C.1920'S Raw Indigo Lot.704

One left

Regular price ¥1,789.15 (Tax free)

STOCK STORE
T.T のアイコニックアイテムでもある1920’sジーンズ。
髙橋大雅はリーバイスよりもストア系と呼ばれるブランドのデニムが好きだった。
特に Foremost と いうブランドを展開していた J.C.Penny。1920 年代にリーバイスを真似たデニムを作り始め、徐々 にオリジナリティを持ったデザインが展開されていった。
それらのデニムを蒐集し、彼らが試行錯 誤してリーバイスと差別化を図るかという意志を、ディテールの随所に感じ、その意思を引き継ぎ、 TaigaTakahashi のオリジナルデニムが誕生。
生地は、米国産オーガニックコットンを使用し、岡山にある旧式力織機で織り上げた 3/1 左綾、ライトオンスデニム。
現代の織機の10 ~20 分の1という低速度でしか織ることができないシャトル織機とも呼ば れる旧式力織機でゆっくりと織り上げたデニム生地は、綿糸本来の凹凸が残り、いい意味でムラがで きる。経糸は硫化染料をミックスしたインディゴで、風化したようなグリーンキャストな色味が特徴。
ロープ染色で芯白に染めている。緯糸は時間経過を感じさせる黄ばんだ生成りに染めた特注のネップ 糸を使用。
これらの2種の糸を使用することで、Taiga Takahashi 独自の、濃くて深みのあるインディ ゴブルーに辿り着いた。
仕上げには、サンフォライズドと呼ばれる防縮加工が施されている。
また、「白耳」のセルヴィッジデニム生地になっており、ベルト裏など各所に白耳を利用している。
特注の刻印入りボタンとバックは全て鉄製で表面にメッキ加工施していないため、時間が経てば錆びることから、経年変化も楽しめる。
アイテムの名称通り、1920 年代の当時と同じ作り方で、全てのディティールを再現した。
シグニチャーの革パッチには奄美大島の泥染めが施されている。

サイズ
XS(28) : ウエスト 72cm レングス 113cm ヒップ 97cm 裾幅 26cm
S (30): ウエスト 77cm レングス 114cm ヒップ 102cm 裾幅 27cm
M (32): ウエスト 82cm レングス 115cm ヒップ 107cm 裾幅 28.5cm
L (34): ウエスト 87cm レングス 116cm ヒップ 112cm 裾幅 29cm

着用モデル体型: 174cm 52kg / 着用サイズ XS(28)

素材
100% Cotton

生産国
Japan

型番
Lot.704-Raw Indigo

問合せ番号
VR24ATT009